音楽

2023年にやめたモノとその後

訳あって2023年に二つのモノ、コトをやめた。いずれも長く自分の生活の一部だったようなモノ、コトだ。 一つは山下達郎の音楽を聴くのをやめた。多分、去年の7月くらいからだろうか。理由はまあ単純で、彼が昨年大きく問題となったジャニー喜多川氏による性…

『エリック・クラプトン : ライヴ・イン・サンディエゴ〜伝説の一夜』

友人と立川で昼のみをすることにしていたのだが、急遽友人がクラプトンのライブ映画をやっているので観ようという。まあクラプトンは嫌いじゃないし、この友人とは以前クラプトンとスティーブ・ウィンウッドのライブを武道館で観ているくらいだしということ…

ポップスが最高に輝いた日

懐かしい。そして流行ったなという記憶。 1985年、当時のスーパースターたちが集まって録音された、アフリカの飢餓、貧困救済のためのキャンペーン・ソング「We are the World USA for AFRICA」の録音シーンを撮ったドキュメンタリーだ。 ミュージックビデオ…

ジョン・レノンの命日 (12月8日)

ホテルネム(ネムリゾート)の1階ロビーにはレコードとオーディオが置いてある。 もう経営母体は変わってしまったが、もともと合歓の郷はヤマハが手掛けたリゾート地だった。もう音楽堂とかも無くなっているけど、なんとなくまだその時の雰囲気が残っている…

邦楽のこと、あるいはPUFFYのこと

邦楽のこととか 和学ではなく和製ポップスとかそのへんのこと。 聴いている音楽、持っている音源は圧倒的に洋楽である。ポップス、ロック、ジャズなどほとんどのジャンルにおいて。 思い起こせばほぼ最古の記憶の中で、水原弘の「黒い花びら」や坂本九の「上…

サンタナ「SHAMAN/シャーマン」

SHAMAN アーティスト:SANTANA Sony Music Cmg Amazon ブックオフのワゴンの中で見つけたCD。110円である。 サンタナは割とよく聴いたような気がしていたのだが、持っているのはなんと「キャラバンサライ」のみ。他に70年代から80年代のムード歌謡的なベスト…

ダリル・ホール&トッド・ラングレンのライブに行く (11月23日)

有明、東京ガーデンシアターでのダリル・ホール&トッド・ラングレンのライブに行ってきた。 友人からLineでダリル・ホールとトッドが来るけどノーマークだったと連絡があったのは10月の後半だったか。しかもチケットは完売とも。二人が同時に来るというのは…

ビートルズのこと

ビートルズの最後のシングルということで発表になった「Now and Then」、当然のごとく聴いた。ある時期のジョンのスローバラードを料理しましたっていう感じ。まあ演奏とMTV映像は懐かしくもあるけど、今一つ心動かない。ジョンの音源というか一種のスケッチ…

偶然、オペラを観た

久々、西洋美術館にキュビスム展を観に行った。その感想はそのうち書く。 閉館間際に外に出ると歌声が聴こえる。オペラの男性の歌唱である。西洋美術館の正門を出ると人だかりが。その向こう文化会館の前に野外ステージが仮設され、そこでオペラが上演されて…

吹奏楽コンサートを聴いてきた (9月9日)

子どもが入っている市民吹奏楽団の定期演奏会に行って来た。 この楽団の演奏会は3回目。昨年二度の定演を行っているけど、2回目は子どもがのっていなかったので行かなかった。まあ会場がけっこう遠くだったこともあったけど。 前回のときにも書いているけど…

ロビー・ロバートソンが死んだ

ロビー・ロバートソンが死んだ。昨日の朝日の朝刊に訃報記事が載っていた。 ロバートソン氏死去 「ザ・バンド」ギタリスト:朝日新聞デジタル 20世紀のギター・レジェンドの一人かもしれない。ザ・バンドのフロントライン。そして生き残っていた二人のうちの…

あるアーティストとの決別・・・・・・、多分

ことの発端はもちろん故人ジャニー喜多川氏の性加害である。 もちろんその件についてはなんとなく知っていた。フォーリブスにいた北公次の暴露本が出たときも、出版社のデータハウスがこうした暴露本出版で有名だったこともあり、なんとなく「やってる、やっ…

アストラッド・ジルベルトが亡くなった

一昨日だったか、新聞の訃報欄に載っていた。 アストラッド・ジルベルトさん(歌手)英メディアによると5日死去、83歳。死因は明らかにされていない。 ブラジル出身。ボサノバの第一人者として知られる歌手のジョアン・ジルベルトの元妻で、60年代に「…

訃報一つ 坂本龍一

今さらだけど坂本龍一が死んだ。 坂本龍一さん死去 がん闘病 「ラストエンペラー」アカデミー作曲賞:朝日新聞デジタル (閲覧:2023年4月7日) 癌で闘病していることは知っていたし、1月に高橋幸宏が亡くなった時にも、不謹慎かもしれないが、坂本よりも先…

エルヴィス

https://www.netflix.com/jp/title/81591116 これはNetflixで観た。 エルヴィス・プレスリーの伝記映画が公開されていることは知っていた。そして今年のアカデミー賞で8部門にノミネートされていたこともニュース等で聞いていた。なのでひょっとしてと思い、…

バート・バカラック死去

昨晩遅く、TwitterのタイムラインにやたらとBurt Bacharachの文字や彼の画像が流れてきた。ひょっとしたらと検索をかけるとニューヨーク・タイムズのtweetで彼が死去したことが判った。 (閲覧:2023年2月10日) 94歳、自宅で亡くなったということ。大往生と…

マーティ・ペイチ~Four Classic Albums

最近、またまたジャズのCDをポチることが多くなっている。 今回、購入したのがこれ。 Four Classic Albums 2 アーティスト:Marty Paich Avid Amazon アルバム4枚を2枚のCDに収録したセット品である。でもって値段はなんと833円である。こりゃ買うよなってい…

デヴィッド・クロスビー死去

米歌手デビッド・クロスビーさん死去 ザ・バーズ、CSN&Yで活躍:朝日新聞デジタル (閲覧:2023年1月23日) 死んじゃったね。CSN&Yのメンバーで一番最初に逝ったのが彼だったか。なんとなく予想はしていたけど。明らかに不健康そうな太り方してたし、ずっ…

クリスマスソングのプレイリストを作ってみた

リタイア老人だから別に暇だという訳ではないのだが、なんとなくクリスマスソングのプレイリストを作ってみた。 ことの発端はというと先週の木曜日、栃木県立美術館からの帰路新4号線を登っていて、途中でとあるラーメン屋に入った。確か魂心家というよくあ…

カラヤン「アルルの女/カルメン」

クラシックネタである。 クラシックは子どもの頃から聴いてはいるけど、ちっとも深まらない。御幼少の頃に親が買ってくれた学習百科辞典に音楽の巻があり、その付録に名曲のレコードが10枚くらいついていてそれを繰り返し繰り返し聴いてた時期があった。小学…

TSUTAYAのCD110円コーナーで買ったもの

比較的近所にあるTSUTAYAのCDレンタルコーナーで、レンタル品流れの中古CDが販売されている。有名どころはだいたい600~700円、超有名どころの例えば山下達郎とかは1500~1800円くらいか。それとは別にゴミみたいなCD、例えば5~10年くらい前のアイドルCD、A…

2022年にビートルズについて思うこと

旅行から帰ってきて溜まった三日分の新聞を読んでいる。 朝日新聞の24日夕刊の2面、3面にビートルズにまつわる記事が載っていた。デジタル版ではいかのようになっている。 革新的、ビートルズの到達点 「リボルバー」新版 プロデューサー、ジャイルズ・マー…

禁じられた遊び

Twitterで「覚え初めギター弾き語りは何」みたいなツィートがあった。こういうシチュエーションのやつだと思う。 「最近、ギター始めたんだ」 「じゃあ、何か弾いてみてよ」 こういう時に初心者が弾くものって、今はなんなんだろう。 ググれば、「初心者おす…

ノラ・ジョーンズ・ライブ (10月18日)

武道館で開かれたノラ・ジョーンズのライブに行って来た。 NORAH JONES - ノラ・ジョーンズ日本公式サイト (閲覧2022年10月19日) 5年ぶりのライブツアーで6公演、武道館では3回の公演が組まれている。 10月11日 札幌文化芸術劇場 10月13日 ゼビオアリーナ…

IpodとONKYOがなくなる日

これもいささか旧聞に属するのかもしれないが、一週間近く前くらいの新聞記事にちょっと驚いてしまった。 iPodが生み、壊したものとは 終焉まで20年、激変した音楽文化:朝日新聞デジタル 携帯音楽プレーヤー・iPodが、在庫限りで販売を終了することを、先月…

陽だまりの彼女

陽だまりの彼女 松本潤 Amazon 山下達郎の「光と君へのレクイエム」を聴いていて、この曲が主題歌だったこの映画が無性に観たくなった。2013年の映画である。 この映画は観ていないけれど一応知っている。原作小説も知っている。確か買った記憶もないでもな…

山下達郎~Softly

【Amazon.co.jp限定】SOFTLY (初回限定盤) (メガジャケ付) (※封入シリアル応募〆後のお届け) アーティスト:山下達郎 ワーナーミュージック・ジャパン Amazon 友人が誕生日のプレゼントにくれた。持つべきものは友である。 山下達郎の11年ぶりの新譜である。…

加山雄三、コンサート引退

6月20日の朝日新聞文化欄に「加山雄三さん コンサート引退へ」という記事が載っていた。 加山雄三さん、コンサート引退へ 「まだ歌えるうちに辞めたい」 9月に「ラストショー」:朝日新聞デジタル 加山雄三さん(85)が、年内をもってコンサート活動を引退…

セロニアス・モンク CDボックス

「クレームの多いピアニストは誰だ」 と、くだらないこと思いついたが、あまりのくだらなさに二の句がつげない。 先日のソニー・スティットに続いてこちらも購入してしまいました。CD4枚でアルバム8枚分687円だよ。 音質もそれほど悪くはない。もともとあま…

最近観た映画とか

通信教育のレポートやらテストやらで、すっかりご無沙汰というか、あまり映画とか観ていないのだが、それでも現実逃避的に深夜につらつら観てもいる。たいていは古い映画だが、ここ1~2ヶ月に観たものを幾つか。 「きみに読む物語」 きみに読む物語(字幕版) …