美術館

東京富士美術館 (1月13日)

例によってカミさんがどこかへ行きたい、美術館に行きたいという。美術館を口にすればけっこうな確率で自分が動き出すということを熟知している。寒いのであまり外出したくないのだが、とりあえず家から一番近い美術館へということで東京富士美術館に行くこ…

府中市美術館

そろそろ世の中は動き出してる頃なので、どこか美術館に行ってみようかということになる。最初はトーハクの「美術館に初詣」に行ってみようかと思い高速道路を走らせていたのだが、所沢あたりから雪が舞い始める。これはちょっとまずいかなと思った。車はス…

小杉放菴記念日光美術館 (1月1日)

大晦日から日光に来ている。元旦は東照宮周辺は初詣客で混雑しているので、車で出かけるのは難しい。保養所の部屋でのんびり過ごすつもりだったのだが、妻が例によってどこかへ出かけたいという。車で出るのは難しい、となると車椅子でご近所周遊ということ…

日光東照宮美術館

大晦日と元日を日光で過ごすことになった。健保の保養所に抽選で当たったからだ。 とにかく家事を回避したいとそれだけで、特に観光するつもりもない。寒い時期の日光に来ても特に行くところもないかなとも思う。元旦は東照宮や二荒山神社への初詣客でかなり…

美術館詣での締めはやっぱり印象派で (12月28日)

多分、今年74回目の美術館詣で。最後の締めはどこにしようかと思った。いつもだとだいたい上野の西洋美術館か竹橋の近代美術館になるのだけど、近代美術館は二週間前に行っている。そうなると選択肢がなくなる。西洋美術館の長期休館はけっこう痛手というか…

神奈川県立近代美術館-葉山館  (12月23日)

平塚市美術館で悲しくもソフトに門前払いされちゃったので、仕方なく次なる目的地を探すことにする。せっかく神奈川まで遠征して来たので、すごすご手ぶらで帰るのもなんだし。ということで駐車場でスマホ検索、お隣の茅ヶ崎市美術館は「浜田知明」展。知ら…

平塚市美術館で沈没する (12月23日)

年も押し迫ってきたけど、もう1回くらい美術館に行くかなと思い、さてとどこかないかなとしばし思案。最近読み終えた『日本画の歴史 近代篇・現代篇』の著者草薙奈津子氏が館長を務める平塚市美術館で日本画の企画展をやっていることに気がつく。 湘南の日本…

東京国立近代美術館 (12月16日)

ほぼ1ヶ月ぶりに東京国立近代美術館(MOMAT)に行く。今年72回目の美術館巡り、MOMATは9回目になる。これが今年の美術館詣での最後かな、もう1、2回行くかなみたいな感じである。 今回は妻と二人で行ったので車で。いつものように北の丸公園駐車場に止めてか…

高崎市タワー美術館「彩・色を楽しむ」 (12月12日)

高崎市タワー美術館の企画展「彩・色(さいいろ)を楽しむ」を観てきた。 彩・色を楽しむ/高崎市タワー美術館 | 高崎市 ここは今年になっていき始めたところで今回で4回目となる。前回も書いたことだが、この美術館はヤマタネ・グループが所蔵する作品を多…

奥村土牛展を観る  (12月10日)

【開館55周年記念特別展】 奥村土牛 ―山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾― - 山種美術館 山種美術館で開かれている「奥村土牛-山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾」を観てきた。この「山崎種二が愛した日本画の巨匠」の第1弾は春先に開かれていた川合玉堂…

グランマ・モーゼス展 (12月9日)

【公式】グランマ・モーゼス展 ― 素敵な100年人生 先週の木曜日、世田谷美術館のグランマ・モーゼス展に行って来た。 この企画展は大阪を皮切りに全国5会場巡回していて東京はその4番目だ。ほぼ1年以上をかけて全国巡回する大きな回顧展といえる。 大阪アベ…

MOMASコレクション (12月2日)

タイガー立石展の後、いつものように常設展に行く。もっともその前に館内のレストラン(ペペロネ)でちょっと一息、色気より食い気に走るカミさんに付き合う。ここはイタリアンの割と本格的なレストランのようだけど、たいていケーキセットとか軽食を食べて…

埼玉県立近代美術館-大タイガー立石展 (12月2日)

2021.11.16 - 2022.1.16 大・タイガー立石展 世界を描きつくせ! - 埼玉県立近代美術館 埼玉県立近代美術館(以下MOMAS)で開催されている大タイガー立石展に行って来た。この回顧展は千葉市美術館(4/10日~7/4日)を皮切りに青森県立美術館(7/20~9/5)、…

上原美術館 (11月20日)

吊り橋巡りの後に向かったのは下田の上原美術館。 ここも7月に訪れているが、思いの外すてきな美術館だったのでまた来たいとは思っていた。ただし今回はパスしようかと思っていた。やっぱり伊東から下田はちょっと遠いし、最終日に伊豆の最南端まで行くのは…

池田20世紀美術館 (11月19日)

伊豆アニマルキングダムを後にして一気に伊東まで戻り、一碧湖近くの池田20世紀美術館に行くことにした。その日は昼食を抜いて、前日コンビニで買っておいた菓子パンだけですませた。全然リッチではない。まあ貧乏人の欲張り観光なんてこんなものだ。 池田20…

町立湯河原美術館 (11月18日)

湯河原町 | 美術館 まず最初に行ったのは町立湯河原美術館。ここはもともとは竹内栖鳳が晩年を過ごした旅館天野屋の別館があったところを湯河原町が買い上げて、当初は「湯河原ゆかりの美術館」として開館、2006年に現在の「町立湯河原美術館」に改称した。 …

東京国立近代美術館(MOMAT)再訪

丸紅ギャラリーからは徒歩で3~4分と近接しているので、当然のごとく東京国立近代美術館(MOMAT)に行くことにした。まあ途中で毎日新聞地下でがっつりとんかつ定食なんかを食べたんだが。 MOMATに行くのは今年何回目になるんだろう。試しに記録をみてみると…

丸紅ギャラリーへ行く

昨日、11月1日にオープンしたばかりの新しいミュージアム、丸紅ギャラリーに行ってきた。 展覧会|Marubeni Gallery 丸紅ギャラリー 開館にあたってのニュースリリースはこんな風になっている。 『丸紅ギャラリー』開館のお知らせ ~古今東西の美が共鳴する…

山梨県立美術館

この美術館に来るのは4度目。今年は5月にも一度来ている。その時は風力で自走する不思議なオブジェ、ストランドビーストを制作する彫刻家かつ物理学者テオ・ヤンセンの企画展が行われていた。 山梨県立美術館再訪 - トムジィの日常雑記 ここではこれまで「夜…

シダネルとマルタン展 (11月6日)

シダネルとマルタン展 | 展覧会・イベント | 山梨県立美術館 | YAMANASHI PREFECTURAL MUSEUM of ART 山梨県立美術館で開催されている「シダネルとマルタン展」に行って来た。この企画展は9月にひろしま美術館で開催されていた。おそらく来年もう一か所、多…

丸沼芸術の森コレクション展

電車のドア上広告でこの企画展を知った。「朝霞にファン・ゴッホ」である。 さっそく朝霞市博物館のサイトをみると完全予約制となっているので専用フォームから申し込むと、一週間くらいで朝霞市の文化財職員から当選メールが届いた。しかしコロナ禍とはいえ…

高崎市タワー美術館「日本画ベストコレクション」展 10月21日

木曜日、高崎駅前にある高崎市タワー美術館に行って来た。ここに行くのは今年になって3回目。日本画の良いコレクションがあり、企画展も充実している。車だと埼玉から1時間弱で着くので、都内に出るのと同じくらいということもある。 しかし高崎には東口にこ…

「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」展(10月20日)

水曜日、三菱一号館美術館で始まったばかりの企画展「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」展に行ってきた。イスラエル博物館所蔵というので、どのくらいの作品が出品されるのかと、ちょっとだけ懐疑的な気分もあったが、予想を超える質、量に驚いた。と…

「ゴッホ展」に行って来た

14日木曜日、東京都美術館で開催中の「ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとヴィンセント」に行って来た。 ゴッホは日本人大好きだし、多分2021年芸術の秋の様々な企画展の中では確実に目玉的な展覧会だと思っていた。個人的にいうとゴッホは若い時はけっこう好き…

岐阜県美術館~「ミレーから印象派への流れ」 (10月9日)

岐阜公園から車で15分、3時前には岐阜県美術館に着いた。ここには確か2018年に一度来ている。ちょうどその時は1年間のリニューアル休館に入る直前で、蔵出しのような所蔵名品展が開かれていて、目玉となるオディロン・ルドンも岐阜ゆかりの川合玉堂、前田青…

姫路市立美術館 (10月8日)

姫路城の後、近接した姫路公園内にある姫路市立美術館へ行った。 私的にはこちら行くのが目的、それは9月に、同館が所蔵するマティスの絵が松方コレクション作品の可能性があるという朝日新聞の記事を読んで、機会があれば行ってみたいと思ったから。 姫路の…

大塚国際美術館③ (10月7日)

今回、大塚国際美術館で興味を持ったこと、ちょっと思ったことなどを補遺として。 館内で食事や軽食がとれるのは3カ所ある。 レストラン&カフェ ショップ|大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館 地上1階 レストランガーデン 地下2階 カフェ・…

大塚国際美術館② (10月7日)

大塚国際美術館での個々の絵の感想をいくつか。 『犬と水差しを持つ田舎娘』(トマス・ゲインズバラ) そう男の子っぽく見えるけれど女の子。みすぼらしい衣服に裸足で犬を抱えてさまよう少女。全体的に重苦しい雰囲気とか、少女の表情もふさぎこんでいると…

大塚国際美術館① (10月7日)

淡路には基本的に二泊している。翌日は鳴門大橋を渡って恒例の大塚国際美術館へ行く。これはもう恒例行事というか、ある種の巡礼みたくなっている。去年来た時に何度目になるかを改めて確認したところ13回だったので、今回は14回目となる。 13回目の大塚国際…

山崎美術館~橋本雅邦

蔵造の町並みというと、まずはこの美術館を訪れる。 ここには去年の暮、兄のことを役所に相談に行った時に、昼休みの時間帯で少しだけ時間があったので訪れている。 山崎美術館と橋本雅邦 - トムジィの日常雑記 病気で歩行が困難になった兄の今後の生活につ…