美術鑑賞

東京富士美術館へ行く

ホーム | 東京富士美術館 家から一番近い美術館(車で)、東京富士美術館に行って来た。 現在、開かれているのは「ムーミンコミックス展」。 ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソンによるムーミンコミックスは1947年にスタート。1954年イギリスの「イブニン…

華麗なる激情

華麗なる激情 [DVD] チャールトン・ヘストン Amazon 久々に観た。子どもの頃にテレビで観て妙に印象深く記憶に残っていた映画だ。その後、もう一度観たいと思ってはいたのだが、レンタルのビデオやDVDもなくそのまま忘れていたのだが、多分10年くらい前にど…

シダネルとマルタン展 (6月24日)

SOMPO美術館で開かれていた「シダネルとマルタン展」に行った。 この企画展は去年、山梨県立美術館で観ている。個人的にはけっこう気に入った企画展で、その時に2022年にSOMPO美術館に巡回するということを聞いていたので、ぜひ行きたいとおもっていた。6月2…

MOMATコレクション (6月23日)

近代美術館(MOMAT)の常設展示も5月17日から新しくなっている。 前回来たのは4月で、鏑木清方展の後半だっただろうか。 4階のハイライトも展示替えされている。 「林和靖」(菱田春草) 「観音」(横山大観) 「深泉二図」(速水御舟) 「青衣の女」(広島…

ゲルハルト・リヒター展 (6月23日)

東京国立近代美術館(MOMAT)で開催されているゲルハルト・リヒターの回顧展に行ってきた。今回の回顧展では、リヒターが手元に置いてきた初期作から最新のドローイングまでを含む、ゲルハルト・リヒター財団の所蔵作品を中心とする約110点が出品されている…

天心記念五浦美術館~成川美術館コレクション展 (6月18日)

令和4年4月27日(水)~6月26日(日) 開館25周年記念展 Ⅰ箱根・芦ノ湖 成川美術館コレクション展 ~花愛でるこころ、恋の詩(うた)とともに~ 茨城県天心記念五浦美術館> 展覧会>企画展 天心記念五浦美術館では箱根にある成川美術館のコレクション展を開かれてい…

天心記念五浦美術館へ行く (6月18日)

前から一度行きたいと思っていた茨城県天心記念五浦美術館を訪れた。 日光から茨城はよく笠間日動美術館や茨城県近代美術館へ行っているが、茨城県の北のはずれ、ほとんど福島県と県境に位置する五浦はちと遠い。10時に宿を出て、ちょっとだけ日光で土産物を…

栃木県立美術館-題名のない展覧会 (6月16日)

磯山神社の次に向かったのが栃木県立美術館。 2016年9月に最初に訪れてから、今回で多分四回目の訪問になる。日光に宿を取った時にここと宇都宮美術館に交互に行ってる。記録をたどると宇都宮美術館にもすでに五回行っている。それだけ日光の健保の宿に泊ま…

西洋美術館補遺-常設展

西洋美術館常設展で気になった作品を幾つか。 本館から新館に移る回廊を渡ってすぐの部屋、以前だとマネ、ルノワール、シスレー、セザンヌなど18世紀から19世紀の作品が展示してあるスペースに1点大理石の彫刻があった。 「マリー・バシュキルツェフの胸像 …

西洋美術館~自然と人のダイアローグ

カミさんがリニューアルオープンした西洋美術館に行きたいというので、連れて行く。という訳で先週の東京都美術館に続いて二週連続の上野美術館巡り。 まずは企画展「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」国立西洋美術館✕フ…

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち

東京都美術館で開催されている「THE GREATS スコットランド国立美術館 美の巨匠たち」を観てきた。 THE GREATS展 公式サイト スコットランド国立美術館が、ルネサンス期から印象派あたりまでの名品を収蔵する美術館であることは、なんとなく知っていた。そし…

府中市美術館「ただいま やさしき明治」

5月21日から始まったばかりの府中市微絨t館「ただいま やさしき明治」展に行って来た。 孤高の高野光正コレクションが語る ただいま やさしき明治 東京都府中市ホームページ この企画展は昨年9月に京都国立近代美術館で開催された「発見された日本の風景」展…

名都美術館へ行く~「上村松園と伊藤小坡」 (5月14日)

伊勢神宮とおはらい横丁での観光を済ませて一気に三重から愛知縦断して長久手まで走る。目当て一度行ってみたかった名都美術館である。 名都美術館 名都美術館 - Wikipedia この美術館の存在は去年、高崎市タワー美術館で名都美術館の名品コレクション展を観…

伊藤小坡美術館 (5月13日)

1日中雨模様。 とりあえず宿でのんびりしていて、11時過ぎにとりあえずどこかへ出かけるかとなる。 こういう時に車で来ていると本当に楽だ。これが電車だバスとなるとそう気軽にはいかない。まして一緒にいるのが車椅子となるとかなりハードルがあがる。 志…

ルーブル彫刻美術館 (5月12日)

この美術館の存在を知ったのはその週の始め。どうも旅行中の天気はあまり良くないので、屋外の観光はちょっと難しいかもしれない。そうなると伊勢志摩旅行で行くところは限られてくる。場合によっては伊勢神宮は内宮、外宮ともにだめかもしれない。屋内で行…

府中市美術館「ふつうの系譜」再訪

府中市美術館で開かれている「ふつうの系譜」展に行って来た。 春の江戸絵画まつり ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります ー 京の絵画と敦賀コレクション 東京都府中市ホームページ この敦賀市博物館所蔵品を中心として、「復古やまと絵-土…

スタンラン~~静岡市美術館「スイス プチ・パレ展」補遺

「猫と一緒の母と子」(スタンラン) 1885年 テオフィル=アレクサンドル・スタンラン(1859-1923)、この画家も初めて観る人。なんとなくイラストっぽいなと思った。今回の展覧会では3点出品されている。 「2人のパリジェンヌ」(スタンラン) 1902年 「純…

マレヴナ(マリー・ボロビエフ)~静岡市美術館「スイス プチ・パレ展」補遺

マレヴナ(マリー・ボロビエフ) 「静物のある大きな自画像」(マレヴナ) 1917年 静岡市美術館「スイス プチ・パレ美術館展」で観たまったく初めての画家。自分的にはこの展覧会での最大の発見の一つ。 開催中の展覧会 一覧 | 静岡市美術館 (閲覧:2022042…

静岡市美術館「花ひらくフランス絵画」 (4月23日)

箱根からちょっと足を伸ばして静岡市美術館で開催されている「花ひらくフランス絵画」展を観てきた。 静岡市美術館について スイスプチ・パレ美術館 スイス プチ・パレ美術館展「花ひらくフランス絵画」 気になった画家・作品をいくつか カイユボット アンリ…

初めての岡田美術館 (4月22日)

箱根には何度も来ているのだが、岡田美術館はなぜかこれまで一度も来ていない。まあなんでかといえば、一つにはやたらと高い入場料。かなり大規模な施設で5階建て、展示面積は5,000㎡に及ぶことや、所蔵品の中から常時450点くらい展示されているという。それ…

ポーラ美術館~モネからリヒターへ (4月21日)

久々のポーラ美術館 「ポーラ美術館開館20周年記念展 モネからリヒターへ」 キャプションと解説について ベルト・モリゾ ゲルハルト・リヒター その他気になった作品をいくつか 久々のポーラ美術館 久しぶりにポーラ美術館に行って来た。どのくらい久しぶり…

MOMAT~鏑木清方展など

せっかく都内に出てきて、まるまる午後が空いたので、東京国立近代美術館(MOMAT)にまた来てしまった。14日に来ているので5日ぶりである。鏑木清方展は今回で三度目となる。 公式HPにも作品保護のため展示替えがあると明記してあるし、自分でも作品リストを…

国立近代美術館-鏑木清方展再訪

小雨模様の中、国立近代美術館で開催されている鏑木清方展に行って来た。開催してすぐの3月24日に行って以来、二度目の訪問である。 東京国立近代美術館 「鏑木清方展」(3月24日) - トムジィの日常雑記 このときにも書いておいたが、展示作品の展示期間が…

西洋美術館に行って来た

4月9日にリニューアルオープンした西洋美術館に行って来た。 国立西洋美術館 2020年10月に長期休館に入ってから約1年半ぶりの再館である。その間、年に5~6回は訪れている自分のような者にとっては、ある種の西美ロスを感じていただけに、ようやくの思いもあ…

鏑木清方展 期間別展示リスト

前回の鑑賞後に作った展示リストを再喝する。 東京国立近代美術館 「鏑木清方展」(3月24日) - トムジィの日常雑記 作品ごとの展示期間がまちまちなので、見逃しを出来るだけ防ぎたいと思うため作った個人的メモである。 とはいえ多分、この後何度観に行け…

東京富士美術館常設展「西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで」

富士美の常設展「西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで」も近代以降の展示がだいぶ変更になった。 西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで | 展覧会詳細 | 東京富士美術館 近代絵画から現代絵画のスペースが、長いことミニ企画等で使われ縮小していたのだが、これ…

東京富士美術館「旅路の風景-北斎、広重、吉田博、川瀬巴水」

東京富士美術館で新しい展覧会が始まっているというので行ってみた。振り返るともう今年に入ってからこれが四度目の来訪となる。八王子の創価大学の前にある美術館だが、高速を使うと家から30分と少しで行ける。何度か記したが多分家から一番近い、気軽に行…

通信制の大学に入学する

通信制の大学に3年次編入することになった。 よくネット広告などに出てくる「手のひら大学」というやつだ。 志望した理由はといえば、ここ5~6年、いやもうちょっと前からか美術館巡りをするようになった。ここ2~3年は年に50回程度は首都圏近郊の美術館に行…

ヤオコー川越美術館-三栖右嗣 (4月2日)

花見見物の途中でヤオコー川越美術館に入ることにする。 新河岸川沿いの桜を見に来ると決めたときに、この美術館に行こうとなんとなく思っていた。ここに来るのは2020年の6月以来となる。 ヤオコー川越美術館 - トムジィの日常雑記 三栖右嗣について | ☆ヤオ…

上原美術館 (4月1日)

蓮台寺のしだれ桃の里から車だと10分程度で上原美術館に行く。ここは昨年初めて行ってから通算三回目になる。山の中、達磨大師堂、向陽寺とこの美術館、他に何もない。いつもながら、よくこんな所にこれだけの美術館を作ったものだと感心してしまう。大正製…