墓参りに行ってきた

f:id:tomzt:20190915161225j:plain

 昨日、墓参りに行ってきた。 

 毎回同じような写真だけど、まあこういう所なんで仕方がない。父親が死んだ時に、急遽購入した相模原の山の中の公園墓地だ。山を切り崩して作った斜面にある墓苑である。

 前にも書いたかもしれないが、この墓の山の向こうは相模川の河原がある。水郷田名というところだ。父と二人でドライブして行った最後の場所だ。夕暮れの河原に二人で座り込んで、なんとなく河岸の向こう側の山を眺めて小一時間くらい過ごしただろうか。

 時期は9月の下旬くらいだっただろうか。なんでそこに行ったのかもわからない。なんとなく車に乗って時分が運転して(父は車の免許を持っていなかった)、16号線を北上して城山の方に向かおうとしていたか、あるいは城山の方で遊んでの帰りだったか。

 そして父はそれから一月くらいして急性のクモ膜下出血で亡くなった。亡くなる一週間くらい前に時分は深酒で電車を乗り過ごし、父が夜勤で勤務していた工場に深夜父を訪ね、仮眠させてもらった。翌日父が簡単な朝食を作ってくれ、それを食べてから重役の工場長を送迎したハイヤーに乗って駅まで送ってもらった。父が仲の良いハイヤーの運転手に頼んでくれたのだった。

 父は夜勤のガードマンをしていた。私は当然昼間の仕事をしていて、あまり顔を合わすことがなかった。なので父が死んでから思い返すと、父と会って話をしたのは、時分が父を訪ねたその時が最後だった。

 父と二人で相模川の河川敷で話をしたのも、深夜東海道線で湘南まで行ってしまい父の勤め先に泊めてもらったのも、ある種の因縁なのかもしれないと30年も経った今でも思ったりもする。

 墓の前では随分と長い間手を合わせていた。いつものように家族と時分の近況を報告し、家族の健康を見守って欲しいと頼んだ。そして時分が父が死んだ年になったことを伝えたりもした。

 そう、父は63で亡くなったのだ。父も祖父もその年で亡くなっている。時分にとってはこれもなにか因縁を感じる年齢だ。

 もちろん今と30年前、祖父が亡くなった60数年前とでは医療の技術とかも違うし、平均寿命も伸びた。多分、時分がこの年でどうになるのかは神のみぞ知るというところだ。とはいえ時分にとっては強迫観念とまでは思わないが、なんとなくいろいろと考えることが多いのも事実ではある。

 墓の前で手を合わせたあとは、墓の掃除をし、数件手前にある父にとっては姉にあたる方が入っている墓にお参りをした。祖母を巡る様々な事柄のため、父には姉と妹が二人いる。そのへんのことはけっこうややっこしいこともあるし、まだ関係者も多数存命なのであまり書きたくはない。もう少ししたら少しずつ自分の知っていることを書いてみたいとは思うが、自分も実はあまり知らないことが多い。

 祖母が存命の頃、定期的に老人ホームに通って昔のことを聞いてみたが、「祖母がみんな忘れちゃったよ」と言い、ポツリポツリと断片的な話しか聞けなかった。とはいえ、最後までボケることがなかった祖母はけっこういろんなことを胸にしまいこんでいたのだとは思う。

 そうしている間に祖母も98歳で亡くなった。もう20数年も前のことだ。なのでほとんどのことがわからず仕舞いのままだ。なので自分が父や祖母から聞いたこと、兄が知っていることなどを、つなぎ合わせるしかないのだが、自分もまたこうやって歳を重ねているので、たぶん我が家のルーツみたいなことをまとめるのは多分無理だとは諦めている。

 しかし歳をとるといろんなことを思い出したり、懐かしく思ったりもする。墓参りをするたびに父のことや祖母のことを思い出したりもする。そしてさっきは、ついうつらうつらしている時に父の夢を見た。亡くなって30年も経つというのに、父の顔もぼやけているのだけど、なんとなく鮮明に父の存在を感じてしまった。これもまた墓参りのせいかもしれない。

パソコンの購入

 衝動買いという訳でもないのだが、ここ最近高い買い物を続けている。8月の後半にカミさんの誕生日祝いに光り物とか、つい最近はカミさんの寝室用のテレビとか。

 そして今回はというと、ノートパソコンを買いましたわ。

 ウィンドウマシンの新しいのが欲しくなったとかそういうことは一切なし。まあ自分で使っているのはデスクトップ1台、ノートが1台、あとmacbook aireもあるし、趣味とか仕事レベルではこれで十分な訳なんで、パソコンにはあまり食指が動かない。もっとも全部中古品で購入したんだけども。

 今回のはというと、子ども用だ。子ども来年就職で、どうもSEとかそういう方向に進むようだ。大学に入る時に買い与えたのは、確か二代くらい前の中古レッツノートだったか。まあ学生だし、生協あたりでソフトてんこ盛りの高いのを買うよりも、質実剛健なノートがあればいいだろうみたいな感じだったか。

 それでもi5で、256のSSDでメモリも8ギガに増設してたから、そこそこのレスポンスはあったと思う。大学1年生で文系ならこれで十分とも思った。実際、このPCは今もバリバリ現役ではあるようだ。ただいかんせん今風のノートにしてはちょっと厚みがあり重い。なので、子どもはやはり中古で買い与えたmacbook airと併用している。

 今回はというと、一つには来月が誕生日なのでへんにブランド品とか子どもの趣味系でプレゼントするよりは実用品をというところから。まあ仕事がそっち方向だし、そうなるととりあえず最新式のパソコンを使っていた方がよろしいかという勝手な老婆心である。大きなお世話だとは思うし、どこまでも甘々な父親何だろうが、まあそういうことだ。

 一応、そこそこの設定をしてあげたのだが、とにかく軽い。自分などは毎日macbook airを持ち歩いているのだが、あれでもけっこう重さを感じ負担になる。それからすると1キロ切るというのはその軽さを含めてある意味脅威かもしれない。

 Core i5-8265U はさすがに第8世代ということもありキビキビしている。同じi5といってもレッツノートのそれとはえらく違う。SSD256、メモリも8ギガ載っているので、このくらいの能力なら十分ではないかと思う。

 さらにいえばこのマシンはそこそこの堅牢性があるみたい。

軽量と耐衝撃性を両立する各種マグネシウム合金をボディに採用。

米国国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠するテストを

7項目クリアした高い信頼性と耐久性を実現しています。

 持ち運ぶ機会の多いノートPCとしてはこれは必須かもしれない。おまけにこのPCの売りは大容量バッテリによる長時間駆動。カタログ値では28時間とかうたっている。まあ話半分としても10時間以上外で使えればこれも十分だと思う。

 なんかこうやってつらつら仕様とかみているとつい自分も欲しくなる衝動に狩られるのだが、まあそういうことにはならないとは思う。多分。 

コートールド美術館展を観る

 都内で会議2本こなして6時くらいに業務強制終了。飲みの誘いも振り切って上野に出て東京都美術館に直行。

コートールド美術館展 魅惑の印象派|東京都美術館

f:id:tomzt:20190913181223j:plain

 このマネの「フォリー=ベルジェールのバー」が目玉なんだけど、それ以外にも珠玉といっていいような印象派の作品が目白押し。印象派好きの自分としてはストライクゾーンど真ん中みたいな企画展。

 イメージ的には数年前に六本木の新国立でやったビュールレ・コレクションや今年文化村でやってたバーレル・コレクションと似た雰囲気だったか。

 いきなり冒頭からモネの作品で始まり、印象派中心ともいうべきピサロシスレー、さらにコートールドが積極的に収集したというセザンヌの作品群が続く。そしてドガルノワール、さらにゴーギャンとスーラ。そして一番最後にモディリアニの裸婦でしめるという展示。

 着いたのが6時半くらいで閉館8時だったので、実質1時間ちょっとしか閲覧できなかったのだけど、もう時間が惜しくてたまらないような思いにかられた。この企画展は暇があればもう一度は来てみたいと思う。

 気に入った絵をいくつか。

f:id:tomzt:20190916073906j:plain

モネ「アンティーブ」

 この斜めから中央にぶった切るように木を描いたのは、明らかに浮世絵の構図を意識している。こういう構図はピサロゴッホも挑戦している。確かこの絵、西洋美術館の「北斎ジャポニスム展」で観た記憶があったので、図録で確認してみると同じ構図、タイトルで愛媛県美術館収蔵とのこと。まあモネは同じ構図の絵を何枚も描いているので、そういう一枚といえる。

 コートルードの方は明るい青みが強く太陽の光に輝いたような印象がある。一方、愛媛県美術館のものはややくすんだ感じで、時間的にはだいぶ太陽が陰ってきたような感じだろうか。モネにはこういう時間の経過による景色の移ろいみたいなものを捉え、色調が変わる作品が多い。

f:id:tomzt:20190916073909j:plain

モネ「秋の効果 アルジャントゥイユ」

 これも見事な作品だ。画面の手前、木に囲まれているのがセーヌ川の支流。画面中央に一筋の青で描かれているのがセーヌ川の本流と図録の解説にある。支流の流れが細くみえるのは、木々が水面に映っているからである。

 しかしこの絵はモネにしてはおそろしく計算されたような見事な構図の意匠を感じる。というかモネの絵というと、光に移ろう一瞬を描くみたいな、まさに印象がメインのように感じられ、どうも構図のような部分は重要視されていないような気がするのだけど。実は構図にもかなり諸々配慮しているのだろうと、そんな気もしないでもない。

 考えてみれば、モネの絵には浮世絵の影響は随所に感じられるし、それは概ね構図の部分で多く浮世絵からの換用がある。しかしここまで凝った構図の作品は自分は今まであまり観ていないような気もする。モネもまた奥が深い。

f:id:tomzt:20190916170425j:plain

モネ「花瓶」

 この絵の色使いはもう見事としかいいようがない。この作品はモネが1881年に着手したが完成をみることなく、それから40年以上、モネはこの作品を手元に置き、ときどき手を加えていたと図録にはある。

 モネは80歳になった頃、この作品に若干の手を加え自らのサインを加えてから売却したという。それを1923年にコートルードがモネの最初の購入作品としたという。この珠玉の作品を最初に購入したところにコートルードの類まれな審美眼を思わざるを得ない。本当に素晴らしい作品だ。

 時代的には松方幸次郎がヨーロッパで美術品を集めていた頃とシンクロする頃だ。この作品を松方が購入していてくれたら、今頃西洋美術館の常設展モネコーナーの一角に飾られていたかもしれないなどと、ちょっとした夢想をしてしまいたくなる作品だ。 

f:id:tomzt:20190916170429j:plain

ゴッホ「花咲く桃の木々」

f:id:tomzt:20190916171026j:plain

セザンヌ「大きな松のあるサント=ヴィクトワール山』

 このサント=ヴィクトワール山の絵を観ていて、思わず泣きそうになってしまった。この絵の美しさはどこからくるのだろう。もともとセザンヌのこのシリーズは割と気に入っている。同じ西美の「北斎ジャポニスム展」にサント=ヴィクトワール山の絵が三枚展示されていた。1枚は1886-1887年頃のものでフィリップス・コレクションのもの。あとの2枚は1904-1906年頃でブリジストン美術館デトロイト美術館のものだ。

 コートルードの作品は1887年頃でフィリップス・コレクションと構図的には似ている。いずれも左側に大きな木があり、枝ぶりによって囲まれた借景のような構図となっている。ただしフィリップスのものは全体的に明るく、若々しく緑が濃い。それに対してコートルードのものはやや色調が落とされ渋みというかセザンヌらしい色面になっている。

 セザンヌピサロ等と屋外で絵を描いていた頃の印象派的作風から、じょじょに色面や形態を意識したオリジナリティが作品に表れてきたというところだろうか。自分は晩年のデフォルメ化してくる作品よりは、この頃のものがどちらかといえば好きではある。

f:id:tomzt:20190916170524j:plain

セザンヌ「キュービッドの石膏像のある静物

 

f:id:tomzt:20190916170530j:plain

ゴーギャン「ネヴァーモア」

 

f:id:tomzt:20190916170434j:plain

スーラ「クールブヴォワの橋」



f:id:tomzt:20190916170444j:plain

モディリアニ「座る裸婦」


 ちなみに画像はGoogle Earthの美術家からダウンロードした。

Google Earth (美術館 インデックス)

とある夕食

 気合いと根性で夕食作り。

f:id:tomzt:20190916075838j:plain

 秋鮭のムニエル、豚の角煮、麻婆風冷奴、ついでに岩下新生姜のスライス。全部なんちゃってなのだが、一応和風にしてみた。いつも作る料理はだいたい洋風で肉料理中心というか、まあワンパターン系。

 それでもいわゆる男の料理みたいな台所散らかしっぱなしみたいなことはなく、だいたい料理が出来上がるのと同時に、流しの洗い物も終了みたいなことにしている。

 とにかく短時間に数品、適当にというのがモットー。このへんはもうどちらかというとなんちゃって的な主婦みたいなものかもしれない。とはいえ手のこんだ料理のレパートリーを沢山持っている奥さんたちとは雲泥の差でもある。

 自分の料理はというと多分、中学生くらいから見よう見まねでやり始めたのだと思う。ずっと世話してくれていた祖母がだんだんと家事できなくなってきて、その部分を末っ子の自分がやるようになったということなんだろうな。だから料理や掃除、洗濯もだいたいその頃から少しずつやるようになった。

 結局そういうのが還暦過ぎた今でもずっと続いているんだから、我ながらそういう人生なのかなと思わないでもない。

 ちなみにムニエルはなんとなく小麦粉まぶしてバターで炒めただけ。豚の角煮は市販の濃縮つゆの素を使用。麻婆風冷奴はというと、レトルトの麻婆の素をお湯で温めて豆腐にかけただけ。まあそういいうのも含めてなんちゃって。

西洋美術館常設展

 松方コレクションを観た後は、時間が少しばかりあったので常設展を観る。

 最初にこの吹き抜けの19世紀ホールのスローブを車椅子を押して登っていくのだが、必ず監視員の女性が「お手伝いをします。係の者が参りますので少々お待ちください」とマニュアル通りの対応をしてくれる。とはいえこのくらいのスローブは車椅子を押して行くのはさして苦労でもないので、丁重にお断りをすることにしている。監視員の側からすれば、何か事故があった場合の責任もあるので、なんども「お待ちください」と言ってくれるのだが、こちらは「もう何度も来ていますから」とある種振り切って登ってしまう。館側からすれば困った客なのかもしれないけど、まあ今のところはなんとかなっているし、いいのではないかと思う。

 とはいえ、車椅子を押しながらなんとなく「コルビジェめ」みたいなことを呟いているのも事実ではあるけど。

f:id:tomzt:20190907193244j:plain
f:id:tomzt:20190907193307j:plain

 常設展では前回もそうだったけど新収蔵作品とかに目を惹かれる。

f:id:tomzt:20190623150844j:plain

ルカス・クラーナハ(父)《ホロフェルネスの首を持つユディト》

 この作品は西洋美術館で開かれたクラーナハ展の時には貸し出し展示もなかった作品だとか。とにかく16世紀という時代にこんな作品が描き出されることにいつもながら驚きを感じる。そしてクラーナハのちょっと中性的かつロリっぽい女性、それでいて冷たい視線に、なんというかクラーナハの女性観の一旦を垣間見るような気がして。

 その他の作品ではこれなんかに興味がいった。

f:id:tomzt:20190916145346j:plain

洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ

 イタリア・ルネッサンスを代表する画家の一人ティッツィアーノの工房の作品とされるもの。同じモチーフでありながらモローの描くサロメはえらい違いである。なんか不謹慎だけど、市場で首買ってきましたみたいな感じ。サロメも豊満で庶民的なおかみさん的風情がある。密かにサロメ太腕繁盛記と命名している。

 その他ではフィンランドの女流芸術家の作品展も行われている。

モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

f:id:tomzt:20190701221834j:plain

 

西洋美術館再訪〜松方コレクション展

 科博の次には西洋美術館に行く。もとより自分的にはここに来るのが目的である。自分にとってはここと竹橋の近代美術館がベースみたいなもので、暇があれば訪れたいと思っているところ。土曜日は8時とか9時までやっているのも有難い。

 ここの企画展は6月からやっている松方コレクション展。戦前、松方幸次郎が買い集めた美術品、散逸のなか戦後フランスから返還された作品を元に西洋美術館は開設されたというが、松方の収集の量、そのエネルギーは素晴らしい。美術館の開催概要を引用するとその規模の一貫が窺われる。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎(1866(慶応元年12月1日)-1950)は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い集めます。当時の松方のコレクションは、モネやゴーガン、ゴッホからロダンの彫刻、近代イギリス絵画、中世の板絵、タペストリーまで多様な時代・地域・ジャンルからなり、日本のために買い戻した浮世絵約8000点も加えれば1万点に及ぶ規模でした。

しかし1927年、昭和金融恐慌のあおりで造船所は経営破綻に陥り、コレクションは流転の運命をたどります。日本に到着していた作品群は売り立てられ、ヨーロッパに残されていた作品も一部はロンドンの倉庫火災で焼失、さらに他の一部は第二次世界大戦末期のパリでフランス政府に接収されました。戦後、フランスから日本へ寄贈返還された375点とともに、1959年、国立西洋美術館が誕生したとき、ようやく松方コレクションは安住の地を見出したのです。

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホ《アルルの寝室》や、2016年に発見されたモネの《睡蓮、柳の反映》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、時代の荒波に翻弄され続けた松方コレクションの百年に及ぶ航海の軌跡をたどります。

  買い集めたコレクションの全貌は、散逸したもの、記録自体が散逸しているためすべて概算のようで、同じこの企画展の中でも「10年ほど で収集した西洋美術は、モネ、ゴーガン、ゴッホの絵画、ロ ダンの彫刻など近代の作品から、中世の板絵やタペスト リーまで3000点以上」という記述もある。

 3000点以上の美術品を収集したのである。多分、当時のヨーロッパでも東洋の小国の成金が美術品を買い漁っていると陰口をさんざん叩かれたのではないかと想像する。

 今だってオイルマネーでアラブの金持ちが西洋の土地、建物、美術品を買い漁るということが報道される。あの時に我々が感じるような感覚と同じものだろう。

 そしてお決まりのように、関東大震災第一次世界大戦後の世界恐慌の結果、松方の経営していた造船所は破綻し、収集された美術品は何度かの売り下げというオークションによって散逸していく。多くの企業や金持ちがこの売り下げに参加し、美術品は国内に留め置かれた。それらはまた西洋美術館に買い戻されたり、寄託されたりして展示されている。さらには大原美術館などを中心に地方の美術館で購入されたものも多数ある。

 今回はそうして散逸された美術品の一部も展示されている。そしてフランスから返還されなかった作品も数点が貸し出されて展示されている。ある種の目玉ともいうべき、ゴッホの「黄色い部屋」もその一つだ。

 まあ多くの展示品は常設展で馴染みのものが多いが、凝縮された形で今回展示されているのを観るにつけある種の感慨がある。

 そして前回も訪れた時に思ったことだが、戦争と美術という問題。戦禍によって焼失した貴重な作品のことを思うと胸が痛む。戦争は絶対に起こしてはいけないと、それを改めて思う。

科博恐竜展

 家族に押し切られて科学博物館の恐竜展を見ることになる。

f:id:tomzt:20190907160855j:plain

 まあ、恐竜ものは「ジェラシック・パーク」とかも大好きだし、嫌いではないのだが、科学博物館の企画展はだいたい混んでいて、1~2時間待ちとか普通なのと、子ども連れが多いので割と苦手である。

 もともと自分は美術好きなので西洋美術館、東京都美術館上野の森美術館とかを企画展があれば順繰りに行く。何もないと西洋美術館か東博の常設展。科博はあまり触手が動かない。

 ここ10年くらいでも科博に来たのは3回目くらいか。まあ文化系だしね。

恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019

みどころ|恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019

アメリカで発見された肉食恐竜が、「恐ろしいツメ」を意味するデイノ二クスと命名されたのが1969年。そこから恐竜研究の新しい時代が始まりました。本展では1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、そして近未来を展望します。
世界初公開・日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介!抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎など、ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の「新常識」とは!?最新研究による数々の新発見にも迫ります。 

  恐竜研究の50年の変遷を展望する企画展示ということか。まあ恐竜も昔からのティラノやトリケラトプスだけではないことや、「ジュラシック・パーク」で一大スターとなったラプトルとかは別にして、やれ恐竜には羽毛があったとか、ほとんど巨大な飛べない鳥みたいな形態だったとか、いろいろな新説が出てきている。

 そういったことにはほとんど興味はないので、この企画展示は割とスルーというか、あまり頭に入って来ずである。ただただ骨格標本にフーンとなるくらい。

 幸いなことに夏休みが終わったあとの土曜日なんで、割と空いていた。入場でもほとんど待つことがなかった。とはいえ中は家族連れでけっこうな混み方はしていて、カミさんの車椅子だと見るのにけっこう時間がかかる。

 出来ればそのあとに西洋美術館にも回りたかったので、家族には出来るだけ駆け足で見るように指示をだす。ちなみ子どもは一度友人とこれ見に来ているのだとか。芸術専攻なのに恐竜好きというのも微妙ではある。

f:id:tomzt:20190907162056j:plain
f:id:tomzt:20190907162128j:plain

f:id:tomzt:20190907164402j:plain

f:id:tomzt:20190907164739j:plain
f:id:tomzt:20190907164708j:plain