近代美術館-美術館の春まつり

 近代美術館の常設展、近くの北の丸公園千鳥ヶ淵の桜に呼応する企画として、花をモチーフにした絵を多数展示している。

www.momat.go.jp

 この時期にだけ展示している川合玉堂の「行く春」を楽しみにしている。いつもの4階ハイライトの部屋に行くと、ない。そこには安田靫彦の「黄瀬川の陣」がある。まあこれも名作なんだが、この時期ここには「行く春」がないと。

 監視員に聞いてみると3階の日本画の間にあるという。そこでハイライトの間の代表的な名画をするっと周遊し、さらに隣の間を観てからから階下に降りる。日本画の間にはありました。

f:id:tomzt:20190412164538j:plain

川合玉堂「行く春」

 しばらく少し遠めの柱にもたれるようにして座りこんでボーっと眺めていた。なんかこのまま死んでいいくらいの気分である。秩父長瀞峡を描いた作品だが、日本の四季、散る桜にゆっくりと過ぎていく春の雰囲気がよく描かれている。

 ある意味、日本画で最も好きな作品の一つ。ゆったりとした時間、こういう絵の中に入り込んでしまったら、どんな気分だろうとも思う。この絵を眺め、ぼーっとして眠りについたらどんな夢をみるか。

 この日本画の間には、美術館の春まつりよろしく花の絵が多数展示されている。

f:id:tomzt:20190412164739j:plain

加山又造「春秋波濤」

f:id:tomzt:20190412164735j:plain

船田玉木「花の夕」

f:id:tomzt:20190412164731j:plain

中路融人「爛漫」

f:id:tomzt:20190413161843j:plain

跡見玉枝「桜花図巻」