ジョン・メイヤー・ライブ

武道館でのライブでした。友人のI君と彼の友人のAさんの三人で楽しんできました。
ジョン・メイヤーはいつ頃から聴き始めたのか、よく覚えていないのだがたぶん7〜8年くらいになるのだろうか。好きなアコースティック系も気がつけばオールド・ネームばかりになっていって、いつもいつもCSN&Yバーズでもないだろうとも思い、比較的若手でその手のものをヤルのを調べていた時期があったんだな。そのときに引っかかったのが、ジョン・メイヤー。ギターは上手く、歌はデイブ・マシューズ風みたいなレビューとか読んだだっけ。その頃はデイブ・マシューズも知らないから、誰それみたいな感じだったか。
ちょうど同時期だったと思うが、ジョン・メイヤーをローリング・ストーン誌が若手三大ギタリストに選んだとかいう記事だかニュースだかを聞きかじったりして、これは聴かなくてみたいに思ったんだな。ちなみ若手三大ギタリストはジョンの他にデレク・トラックスジョン・フルシアンテだとか。今ネットでググると自分の昔書いたものに出っくわしてとても恥ずかしい気分にもなる。
デレク・トラックス - トムジィの日常雑記
それでジョン・メイヤーのデビュー・アルバム「ルーム・フォー・スクエア」を手に入れ、その若々しくも手慣れたギター・サウンドに痺れて、アルバムを次々入手して愛聴、現在に至るみたいな感じかな。
さてと、ライブはというと比較的最近のアルバムやカバー曲などで知らないものが多かったかな。そうここ最近の二枚は実は聴いていないので。なので数少ない知ってる曲「ノー・サッチ・シング」、「ネオン」とかをやってくれると個人的にはやはり嬉しかった。セットリストを調べてみるとだいたい以下のようなもののよう。

01. Queen of California
02. I Don't Trust Myself (With Loving You)
03. Something Like Olivia
04. And It Stoned Me (Van Morrison cover)
05. No Such Thing
06. Who Says
07. Paper Doll
08. Going Down the Road Feelin' Bad (Henry Whitter cover)
09. Slow Dancing in a Burning Room
10. Neon
11. Free Fallin' (Tom Petty cover)
12. Belief
13. Wildfire
14. Speak for Me
15. Waiting on the World to Change
16. Dear Marie

      • encore---

17. I'm Gonna Find Another You
18. Gravity
John Mayer@日本武道館 2014年5月2日(金) セットリスト: ライブのセットリスト集から

ジョンは以前短期間日本にホームスティしてたとかいう話で、日本語をカタコトで話す。そのMCがちょっとユーモラスでいい雰囲気。「ノー・サッチ・シング」の前のMCでは前にやった曲を「イマノハ ヴァン・モリソン ノ キョクデス」みたいなことを話してるのがわかってなんか面白かった。
彼のギターはやはり超絶技巧で音も豊富、手引きとピッキングを自由に操る風。双眼鏡で確認したかったが、さすがにスタンド席だとちょっと無理。左手もさることながら右手もちょっと確認したい欲求にかられた。たぶん単純なコードも普通には押さえてないんだろうなとも思うし、なんか音がキラキラしてるし、多く感じたりもした。
途中で、生ギター一本で2曲だったかやったときには、確信したね。この人は最盛期のスティーヴン・スティルスより上手いだろうと。その1曲が大好きなネオンだったのも嬉しい。ちなみにこの日は撮影はほぼokで、動画もスマートフォンならよかったみたい。なのですぐにYoutubeにライブの模様がアップされていたりもする。それもまた嬉しい。なんか「あの感動をもう一度」みたいである。