東京富士美術館

 久々東京富士美術館へ行く。ポーラ美術館、ベルーナル・ビュフェ美術館と今週はほんと美術館ずいてる。こういうのは勢いだな。
ホーム | 東京富士美術館
 企画展は「プリンス&プリンセス」。
プリンス&プリンセス ─ 語り継がれる幸せの言葉 | 展覧会詳細 | 東京富士美術館
 グリムやペロー、アンデルセンの古い絵本や物語書を展示したり、王族の宝飾品やドレスなどを展示している。
 この美術館にはもう何度も足を運んでいるのだけど、これほど混んでいたのは初めて。やっぱり夏休み企画、そしていつの時代も女の子はプリンセスが大好きなんだろうな。午後2時過ぎに行ったのだが、駐車場にほとんど空きがないくらいだった。
 しかも入口付近では着せ替え用のドレスが展示してあって、コスプレして記念撮影とかもできたりもする。美術館もいろいろと企画展示を考えているんだなと感心する。
 
 まあそれなりに楽しめる展示品ではあったが、早々にここを後にして常設展示に。富士美術館の収蔵品の質量は本当に充実している。創価学会がいかに金を集めているかの証なんだろうが、こういうことにお金使ってくれるのだったら、大体のことは許すし池田先生をそれなりにリスペクトもする。
西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで | 展示中の収蔵品一覧 | 東京富士美術館
 マネ「散歩」とブーダン「ベルクの海岸」
   
 ボナール「若い女」とピサロ「春、朝、曇り、エラニー」
  
 初めて観るルノワールの「赤い服の女」