中古車椅子を購入する

カミさんの車椅子は介護保険レンタルで利用しているものがあるのだが、これは作りがしっかりしてるのだけど重量が15キロ近くある。車にいつも載せていて外出の際に利用しているのだが、いかんせん重い。

車椅子を利用しているとけっこうな頻度で大きな段差や階段にぶつかることが多い。そのたびにカミさんは車椅子を降りて、手すりを使いながら登ったりということがある。まあ発症して数ヶ月でリハビリを開始したこともあり−急性期リハビリっていうんだったか−、短い距離の歩行や数段の階段ならなんとか自力でどうにかなる。

 そのたびに自分が車椅子をかついで登り下りとかする。これが短時間で頻度が少ない場合には、なんとかなるのだが、それでもやはり15キロ超えはけっこう堪える。

 最初に借りた車椅子は程度もよくて重量も13キロ弱だった。その後、この車椅子が製造中止で部品の問題もあり、今使っているものと代わったのだがこれがとにかく丈夫だが重い。なのでこれとは別にもう一台の車椅子を使うようになった。とはいえ介護レンタルも上限があるのでこっちは自腹で購入しているのだが、使用頻度のこともあるので中古を使っている。だいたいが家に常備していて、近所のおでかけの際に利用する。

 家の玄関の上り口に畳んでおいているので、基本軽いものがいいということで最初に近所のリサイクル屋でナショナル製のものを購入した。2万円台だったと記憶している。中古の車椅子はだいたいが福祉の事業所が利用していたレンタル流れのもので、個人利用のものは少ない。場合によってはかなり長い期間使われていたものも多いとは思うが、きちんと整備されているので状態が悪いものは少ない。さらにいえば中古販売に際して、シートなどを交換しており基本整備渡しなので、状態の悪い現状渡し品ではなく、ある意味安心して使用できる。

 もっとも沢山の利用者が使ったもので、だいたいが高齢者でもある。亡くなった方も多いだろうし、そういうことを考えるとけっこう気持ちが悪い部分もあるかもしれない。が、そんなことを考えていてはリサイクル品の利用など成立しなくなる。割り切りも必要だとは思う。

 ということでご近所用車椅子として、これまでに2台くらい利用している。今、使っているのは2年くらい前に福祉事業所から購入した。重量も13キロ弱と軽量でよく整備されていた。メーカーは松永製作所だったが、ここは介護用品ではけっこう評判がいいところで、そういう意味では安心して使えた。ただしおそらく施設内で使う用途のものらしく、タイヤが細いのと、思い切り低床になっていて、車椅子の後ろから押す際のハンドルも少し低くてちょっと押しにくい。

 この車椅子が最近すこし軋みやガタゴト音がする。きちんとした整備をしていないのでガタがきている感じだ。そうなると基本消耗品という感覚で次のものを用意しようかと思い、ネットで調べると割と簡単に程度の良さそうな中古車椅子が見つかった。そのサイトにある電話で直接引き取りが可能かと聞くと、大丈夫とのこと。ちょっと調べてもらったところ、なんと前回購入した福祉事業所だった。「2年前に○○さんが購入された記録があります」という。これにはびっくり、ちゃんと記録が残っているんだね。で、思い起こすと確かに草加にある事業所でした。

中古介護用品販売リサイクルのアットホーム

 でもっと今回購入したのがこれです。

f:id:tomzt:20191216102959j:plain

 松永製作所のNEXT-11Bの現行型。実際に見てみるとまあまあ良い感じでとにかく軽い。カタログ値では12キロを若干きるくらいで押しやすい感じ。これで2年程度使えれば御の字というところかもしれない。

NEXT-11B(自走)|製品紹介|株式会社 松永製作所