パソコンの購入

 衝動買いという訳でもないのだが、ここ最近高い買い物を続けている。8月の後半にカミさんの誕生日祝いに光り物とか、つい最近はカミさんの寝室用のテレビとか。

 そして今回はというと、ノートパソコンを買いましたわ。

 ウィンドウマシンの新しいのが欲しくなったとかそういうことは一切なし。まあ自分で使っているのはデスクトップ1台、ノートが1台、あとmacbook aireもあるし、趣味とか仕事レベルではこれで十分な訳なんで、パソコンにはあまり食指が動かない。もっとも全部中古品で購入したんだけども。

 今回のはというと、子ども用だ。子ども来年就職で、どうもSEとかそういう方向に進むようだ。大学に入る時に買い与えたのは、確か二代くらい前の中古レッツノートだったか。まあ学生だし、生協あたりでソフトてんこ盛りの高いのを買うよりも、質実剛健なノートがあればいいだろうみたいな感じだったか。

 それでもi5で、256のSSDでメモリも8ギガに増設してたから、そこそこのレスポンスはあったと思う。大学1年生で文系ならこれで十分とも思った。実際、このPCは今もバリバリ現役ではあるようだ。ただいかんせん今風のノートにしてはちょっと厚みがあり重い。なので、子どもはやはり中古で買い与えたmacbook airと併用している。

 今回はというと、一つには来月が誕生日なのでへんにブランド品とか子どもの趣味系でプレゼントするよりは実用品をというところから。まあ仕事がそっち方向だし、そうなるととりあえず最新式のパソコンを使っていた方がよろしいかという勝手な老婆心である。大きなお世話だとは思うし、どこまでも甘々な父親何だろうが、まあそういうことだ。

 一応、そこそこの設定をしてあげたのだが、とにかく軽い。自分などは毎日macbook airを持ち歩いているのだが、あれでもけっこう重さを感じ負担になる。それからすると1キロ切るというのはその軽さを含めてある意味脅威かもしれない。

 Core i5-8265U はさすがに第8世代ということもありキビキビしている。同じi5といってもレッツノートのそれとはえらく違う。SSD256、メモリも8ギガ載っているので、このくらいの能力なら十分ではないかと思う。

 さらにいえばこのマシンはそこそこの堅牢性があるみたい。

軽量と耐衝撃性を両立する各種マグネシウム合金をボディに採用。

米国国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠するテストを

7項目クリアした高い信頼性と耐久性を実現しています。

 持ち運ぶ機会の多いノートPCとしてはこれは必須かもしれない。おまけにこのPCの売りは大容量バッテリによる長時間駆動。カタログ値では28時間とかうたっている。まあ話半分としても10時間以上外で使えればこれも十分だと思う。

 なんかこうやってつらつら仕様とかみているとつい自分も欲しくなる衝動に狩られるのだが、まあそういうことにはならないとは思う。多分。