トーハク「特別展名作誕生 つながる日本美術」

ヴィトックスαの増大効果はスゴイ?体験談と良い口コミ・悪い評判まとめ
 東美の「プーシキン美術館展」の後、トーハクの特別展「名作誕生ーつながる日本美術」を観た。ネットでの評判は良い企画展なんでチャンスがあれば観たいと思っていた。実際、これはもう圧巻というくらいに素晴らしい企画展だった。とにかく重要文化財、国宝がこれでもかこれでもかというくらいに展示してある。
 テーマはまず「祈りをつなぐ」から始まり、仏教美術、素晴らしい仏像がてんこ盛りである。特に象に乗る普賢菩薩が見事だった。
 次に「巨匠のつながり」では雪舟若冲が中国の画からいかに影響を受けたかという視点が展示がなされる。若冲の中国画の模倣は、模倣自体がオリジナリティ
を獲得しているようにさえ思えるところがすごい。
 次に「古典文学につながる」では主に伊勢物語源氏物語がどのように絵画表現の中で描かれてきたかを作品から描きだし、最後に「つながるモチーフ/イメージ」では、モチーフ、描かれる題材の影響、変容を描き出す。
 展示作品も多く、一回ではとても享受できないくらいに展示作品も多い。出来ればもう一度観に行きたいと思う。