住民税徴収整理

毎年、5月になると従業員が住む自治体から今年度はこれだけ住民税を徴収しますよというお知らせというか徴収票が送られてくる。給与計算関連の業務についている方なら毎年のことであり、それこそ季節の風物詩のごとくであろうくらいにまあ普通のことだとは思う。だからといって「住民税特別徴収」という言葉が季語となっているかどうかは定かではない。

風薫る 個人住民税の 特別徴収

味気ないったらない。
うちの場合はまずPCにある従業員用のファイルに入力し確認読み合わせのうえ、給与ソフトに入力する。間違いがあってはいけないので、何度かのチェックを行う。最後に銀行から各自治体へ毎月一括納付するための用紙に記入して銀行に送る。業務の終了である。
この作業に少なからず関わるようになってつくづく思うのだが、各自治体の徴収票その他がほぼ同じ業務を行っているのに、微妙に書式が違う、用紙サイズが違う、封筒が違う。どうせなら専用ソフトにして、用紙や封筒も統一すればどれだけの金が浮くことだろうとつい想像してしまうのだが。総務省主導でこういうの進めれば、ちょっとした行革につながると思うのだがどうなんだろう。
以前にも書いたかもしれないが、たぶんそれぞれの自治体で首長やお役所関係者とソフト屋、事務用品屋、その他もろもろとの少なからぬ利害関係とかがあるのかもしれないなどと、ついあらぬ妄想を働かせてしまう。これも毎年のことではあるのだが。